トップページ > 水の歴史

水の歴史

みなさん水をただ単に昔からの飲み物なんて
思っていませんよね??

水にもちゃんとした歴史があるんですよ~。
もちろん初めから今みたいなキレイな水が
飲めたわけではないんです。

日本で一番早く水道を作ったところって
どこなのか知ってます?

正解は京都なんです!

水道ができたきっかけは明治27~28年
日露戦争がきっかけ!
海外に戦争にいった兵隊さんが疫病を
持って帰ってきて流行になったのがきっかけです!

疫病が各地によって病状が違ったらしいですよ
大阪では赤痢・広島の呉ではコレラが流行ったんです。
京都では赤痢が人々を苦しめたのですが、

明治32年になると水道を引く計画が京都にできたんです。

さすがに人々は今みたいに水道代を払ってまで
水道を使う気にはなれなかったみたいです。

昔の人は井戸があるので井戸の水を飲んでいたり
お風呂や洗濯に使っていたのです。

水道の水は本当に必要なときにだけ使っていたみたいです。

安全に水道が使われたのは戦後のことです。